コピペを格段に便利にするフリーソフト「clibor」

ごきげんよう、フェンリルです。

今回ご紹介するフリーソフトは「clibor」です。

「clibor」とは?

クリップボードの履歴の拡張ソフトです。

これを入れるだけでクリップボードが何倍も使いやすくなります。

通常クリップボードは一件しか履歴を残せませんが、

「clibor」を使用することで最大10000件まで履歴を残せるようになるのです。

具体的には以下の画像のような感じです。

 

 

 

 

操作性はシンプル
スタートアップにワンクリックで登録可能
タスクトレイに常駐し、必要な時だけ呼び出し邪魔にならない
(Ctrl・Shift・Alt二回、またはホットキーなど)
クリップボードの履歴は最大10,000件まで保存可能
クリップボード履歴・定型文の検索が可能
定型文の登録が可能(グループ分けや、メモを付けることが可能)
定型文ごとホットキーの設定が可能
クリップボードの編集・削除・整形・変換が可能
クリップボード履歴の整形パターンの編集が可能
(正規表現の文字列置換や整形同士の組み合わせが可能)
デザインの変更が可能(配色・フォントの変更や半透明機能など)
FIFO/LIFOによる貼付けが可能(やり直し・挿入・編集が可能)
Unicode対応
インクリメンタルサーチが可能で、Migemo・正規表現検索が可能
保存ファイルの暗号化(起動パスワードの設定が可能)
常に手前に表示や、キャレット位置、固定位置に表示が可能
定型文CSV取込/出力が可能
クリップボード履歴の複数選択、除外リスト、監視ウィンドウの設定が可能
データのバックアップ・リストア機能あり
クリップボードを自動で整形する事が可能
起動パラメータの充実により、外部アプリとの連携が可能
インストール不要でレジストリを汚さず、ライブラリ等不要でダウンロード後すぐに使用可能
その他さらに多くの機能・カスタマイズが可能

「clibor」のダウンロード

最新版のCliborは、Vectorか窓の杜からダウンロードできます。

ダウンロードしたものを解凍し、Clibor.exeをダブルクリックで起動します。
起動するとタスクトレイに常駐するようになります。

cliborの使い方

初期状態ではCtrlキーを2回連続で押すか、

タスクトレイのアイコンをクリックすると履歴ウィンドウが表示されます。

履歴ウィンドウから使いたい履歴を選択して、

Ctrl+Vか右クリック→貼り付けで履歴が貼り付けられます。

設定で選択してすぐ貼り付けるようにもできます。

ちなみに私は初期設定で使ってます。

 

 

履歴ウィンドウを消す時は画面上のどこかをクリックするか、

Escキーで消すことができます。

 

cliborの設定

タスクトレイのアイコンを右クリック→設定。

ここでお好みの設定に変更できます。

設定画面の一番下に「スタートアップに登録」というのがあるので、

それを選択してスタートアップに登録すると使いやすくなると思います。

(スタートアップに登録するとPCが起動したときに、同時に起動するようになる)

 

その他くわしくは製作者さんのサイトが詳しいです。

あとがき

文字入力の効率は大変重要なものだと思います。

特にクリップボードの使用効率をあげると、

それだけで文字入力の効率も違ってくると思います。

 

文字入力を頻繁に行う方は、是非cliborを使用してみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事