タブ型ファイラー「tablacus explorer」の紹介

ごきげんよう、フェンリルです。

今日は私が愛用しているフリーソフト、

tablacus explorer」を紹介したいと思います。

tablacus explorerとは?

タブ型のファイラーであり、

有名ソフトのX-finderの後継にあたるフリーソフトです。

エクスプローラにタブを付けたようなタブファイラー
アドオンで拡張可能
ポータブルアプリで設定の保存にレジストリを使用しない。
多言語、ユニコード対応
カラムの総ファイルサイズ、ラベル機能
関連付け、メニュー、キー、マウスジェスチャ、エイリアスを自由に設定可能
オープンソース
64ビット(TE64.exe/x64 Edition)および32ビット(TE32.exe/x86 Edition)バージョンが利用可能(ネイティブ64ビット)
Visial Basic、Visual C++や.NET Framework等のランタイムのインストールが不要で圧縮ファイルのファイルを解凍するだけで動作します。
USBにカスタマイズしたエクスプローラを入れて持ち歩きたい等、レジストリを変更せずにエクスプローラをカスタマイズしたい方に

といった特徴があります。
高いカスタマイズ性がウリですね。
デスクトップがウィンドウで埋まってしょうがない!って人におすすめしたいです。

Tablacus Explorerのダウンロード

上記リンクよりダウンロードページに行きましょう。
このページが表示されるので、最新バージョンをダウンロードしましょう。

Tablacus Explorerのインストール

Tablacus Explorerはポータブル型のフリーソフトです。

ダウンロードしたファイルを適当な場所に解凍します。

Tablacus Explorerの起動

 

 

 

 

 

 

 

解凍するとこのように、展開されます。

起動するにはTE32かTE64をダブルクリックします。

どちらを使用するかは環境で変わります。

32ビットOSを使用している場合はTE32。

64ビットOSの場合はどちらでもいいですが、TE64がベターです。

 

Tablacus Explorerを使用してみる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

起動すると画像のようになるはずです。

+ボタンを押すとタブが増やせます。

あるいはフォルダなどを右クリックして「新しいタブで開く」を選択しても増やせます。

 

取り敢えず色々試して見ましょう。

それで気に入れば使い続ければいいし、

気に入らなければアンイストールすれば良いです。

アンイストールは解凍したフォルダを削除するだけです。

アドオンを使用する

Tablacus Explorerは初期状態では非常に機能が少ないです。

なのでアドオンで様々な機能を追加するわけです。

ツールバーのヘルプ→アドオンを入手から追加できます。

まずは「分割」あたりを導入してみましょう。

これは画面を分割出来るようになるアドオンです。

ファイルコピーがしやすくなるので私は愛用してます。

あとがき

「Tablacus Explorer」の紹介でございました。

これはアドオンなどを含めると非常に多機能かつ複雑なソフトです。

全てを使いこなそうと考えると大変です。

 

なのでまずは、自分に必要なものだけ使ってみるといいでしょう。

他の機能は後回しでいいです。

 

使い続けると手放せなくなることうけあいですよ!

それでは、フェンリルでした。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事